宮崎のWEB制作アドエス

リファラスパムと戦ってました

2015.01.09

あけましておめでとうございます。

本年もアドエスをどうぞよろしくお願いいたします。

 

年があけてはや9日。

ブログ更新できなかったのにはワケがあります。

それは突然、何の前ぶれもなくやってきました。

 
 


昨年末のある日の晩、いつものようにあまりアクセス数もない当サイトのアクセス状況を把握するべくアナリティクスを確認していると、

何これいつもよりアクセス多いじゃない?

お世辞にもアクセス数が多いとは言えない当サイトは、ほんの少しのアクセス増でもグラフが突出するのですぐに分かってしまうのであります。少しずつ少しずつオーガニック検索も増えてきつつある今日この頃、アクセスが増えるとその要因をチェックするのは管理者の宿命ではないでしょうか。当然のごとく、このアクセス増の原因が何であるのか、誰かFacebookか何かでシェアしてくれたのかな?などと勝手な妄想を抱きつつも確認したのでした。

 

Referer

 

そう、今回のアクセス増の要因はリファラでした。それもロシアのサイトからの・・・

 

え?

 

日本人を対象にしている当サイトですが、なかなか日本からのアクセスも増えないというのに、なぜに海外の方から?しかもリファラってことはリンクしてますよね?え?え?一瞬混乱したものの、きっと誰かが間違ってURLを貼り間違えたのだろうと勝手に自己解決していました。だがしかし、多少アクセス数は減ったものの、コンスタントに毎日アクセスが続きました。しかも参照サイトが増えてきたのです。アクセス元は全て同じロシアのsamara。とても鈍感な私でも、さすがにこれはおかしいと思いだしました。ネットで調べてみたところ、12月の中旬くらいから同様の方が続出している様子。これは対策しなければ!

 

詳しく調べてみると、どうやらリファラスパムといものだということが判明しました。サイトの管理者がどこからのリファラだろ?と思って参照URLをクリックする心理を利用したアクセス誘導が目的のスパムなのです!はい、ひっかかりました。しっかりアクセスしてしまいました。ショッピングサイトに飛びましたよ・・(みなさんは注意してください、不用意にアクセスするとなんらかの仕掛けがあるかもしれません)

 

だけど注意しないといけないことは他にもあります。ネット上でリファラスパムと出てますが、解明されたわけではないようなので、サイト改ざんとかされたら怖いです!急ぎログイン解析(ログイン失敗の履歴やアクセス確認)を設置したのでした。それからもうアクセスされないようにアクセス拒否しなければ!こう毎日アクセス数を増やされるとアナリティクスのデータがひどいことになってしまいます。トップページの離脱率は目も当てられません・・

 

おっと時間だ!年始の巨頭会談に出席しなければなのです。

この続き(.htaccessでの対策)は次回また書きたいと思います。